選挙のバイト

選挙のバイト

選挙のバイトのイメージバナー

選挙バイトのおススメ度:

仕事内容
選挙のバイトは、選挙投票日の1ヶ月くらい前からアルバイト募集が開始されます。開票スタッフは、1つの開票所で多いときは100名以上の大規模募集になることもあります。

仕事内容は投票日以外にも、期日前投票での立会いを行ったり、政治に関する意識調査のアンケートをする場合もあります。

選挙時のバイトについて
選挙のバイトに必要なモノ
事前に仕事に関する説明会や研修が用意されており、それに必ず参加しないといけません。

採用条件に特別な技術(スキル)が必要というわけではありませんが、20代~30代の若い人を中心に採用するケースが多いようです。しかし!私の地域ではなぜか高齢者ばかりでした・・・!

選挙バイトの種類
【投票所のスタッフ】
投票所のスタッフは、投票箱や机などの会場設置、撤去の仕事や受付の仕事などがあります。受付の仕事は半日~1日退屈な作業になりますが、会場設置、撤去スタッフは早朝に会場の設置が終わってしまえば、選挙が終了するまで待機となりかなり楽です。

朝早くからの作業を行うことがあったりと辛い面もありますが、日給1万円以上のモノばかりなので、1日暇な人には割りのいいバイトと言えます!

それに、一番面倒なのはアルバイトの前に行われる説明会でした。

【開票スタッフ】
選挙の開票作業を手伝うバイトです。投票用紙を候補者別、政党別、不明票、白票などに分類する作業を主に行います。最後に分類された票を間違っていないかしっかりとチェックします。これも事前に研修が必須で、開票作業は次の日の早朝近くまで続きます。

【出口調査スタッフ】
投票所の外で投票を終えた人にアンケートをとる仕事です。投票日の前に電話でのアンケートをとるといった選挙前の仕事もあります。選挙のバイトの中では、これが一番楽な仕事だと思います。

基本情報
給料 日給1万円以上
最低拘束時間 半日~1日
肉体的負担 普通
精神的負担 普通
選挙のバイトの仕事は大きく分けて3つ(投票所スタッフ・開票スタッフ・出口調査スタッフ)があります。

人気記事ランキング