治験

治験

治験のイメージバナー

治験のおススメ度:

仕事内容
治験とは、市販される前の新しい医薬品や特定保健用食品の効き目・効用を調べるための臨床試験のことをいいます。治験とは治療試験の略です。

臨床試験が終わった後には、ボランティア協力費として所要日数X(10000~100000円)ほどのお金がもらえます。

そもそも「治験」って何?
治験とは、販売前の医薬品や特定健康食品、化粧品などの臨床試験をおこなってその効能を測ることです。厚生労働省に試験結果は全て提出されて、新薬の販売許可の申請に役立ちます。

危険はない?
治験に使われる薬は、事前に安全性が十分に確かめられたものだけを使用します(治験自体は安全性の試験でなく効用の試験なのです!)。

そして、事前に医師から十分な説明がされ、その上で治験に参加するかどうかはあなた自身で自由に決めることができます。

治験の流れ
応募してからモニターを開始して、お金をもらうまでの流れを簡単に説明します。

1.治験モニターを募集している企業を探して、応募条件・健康状態などをしっかりみて自分にあったものを見つけましょう。
2.治験モニター募集をしている企業に応募。
3.治験についての案内・説明を企業側から受けます。
4.健康診断を受けます。基本的に費用は向こうがもってくれます。診断の結果から「その治験に適しているかどうか」判断されます。治験の場合は、健康だからOKというわけではなく、薬によって基準が異なります。
5.医師から詳しい説明を受け、実際に治験に参加するかどうかの最終判断をします。この時点で参加を見合わせることも可能です。
6.食品、医薬品を投与して経過を見守ります。内容によっては、定期的に医師の診断を受ける必要があるものもあります。
7.モニター期間が終了すると謝礼が支払われます。

治験の参加方法
治験のバイトは「ボランティア」という位置づけにあるので、専門のサイトから応募する必要があり、登録制の場合が多いです。*もちろんボランティアとは名目上でお金はちゃんともらえます。

治験もかなりライバルの多いバイトですが、あらかじめ自分に向いた条件で絞ると見つけやすいです。例えば、糖尿病気味の人を募集している場合等の、特徴を指定している治験モニターに応募するのがおススメです。

おススメの治験モニターサイト
治験情報V-NET
→クリニカルボランティアサポート
→JCVN

謝礼金
治験内容によって変わります。

良いところ
普通のバイトと比べると給料がかなり高額です!
特に疲れたり、精神的苦痛を受けたりすることはなく、何もしないでお金がもらえます。

こんな人にオススメ!
とにかく何もしないでお金が欲しい人!時間に余裕のある人!

基本情報
給料 治験内容によって変わります
最低拘束時間 治験内容によって変わります
肉体的負担 普通
精神的負担 普通
一般に市販される前の医薬品や特定保健用食品の効き目・効用を調べるための臨床試験のボランティアです。基本的にはバイト、仕事というカテゴリではなく、あくまで「ボランティア」として参加する形になっています。結果として協力費という形で多額の謝礼金がもらえます。

関連記事

人気記事ランキング