【日払い】試験監督バイトを体験

【日払い】試験監督バイトを体験

地元ではなく、都内(池袋近辺)で試験監督のバイトをやってみた。試験監督のバイトは、その塾に通っていたり、大学向けに公募されることが多く、今回も通っていた大学のツテで参加できたわけだ。それに試験監督だけではなく、ライバル企業の「偵察」を含むミッションが課せられていた!

F1000254.jpg

バイト時間
午前中の4時間 午後4時間(※午前は偵察任務の時間込み)

場所
某大学の教室。僕の場合、毎回のように母校だけど(笑)

お給料
日給:8000円~12000円(たまに弁当支給の嬉しい日も!)

体験した感想
僕がやったのはちょっと特殊で、模試関係のライバル企業の会場にいって人数調査を行う「偵察任務」も任された。これはちょっとスパイのような感覚でテンションが上がる!ポチポチ人数を数えて1時間~2時間で、雇い主の試験会場に戻ってきた。

ただし!偵察任務をやる時は朝がクソ早い!!

都内まで電車で1時間程度で着く距離に住んでるわけだが、朝5時起きとかして始発~朝6時には電車に乗らないといけない。模試の試験に間に合うようにではなく、試験を受けに来る人を数える仕事だからしょうがないけどね。

試験監督だけのバイトだったら、もうちょっと遅く出ても大丈夫だろう。
場所とかにもよるけど、7時くらいに家を出ることが多いんじゃないかな?

偵察を終えてようやく試験監督のバイトに
偵察ミッションを終えた後は、そのまま本丸の試験会場に戻る。当日の段取りは電話やメールで既に教えられているし、物凄い大役を任されることはまずない。

試験監督を1度もやったことがなくても、基本的には2人~3人でやることが多く、先輩の指示に従っていればさほど問題はないはず。僕も初めてやったときは緊張したけど、難しい事はなにもなかった。

仕事内容は、試験問題の配布や回収、受験者の監視が主な仕事です。長く続けてると事務的な作業を任されることもあります。たまに残業があることも・・・(僕はうまく逃亡しましたが)

試験監督中は私語は厳禁なので、楽チンなバイトですがかなり暇です。それに、高校生や大学生向けの模試とかだったらいいけど、小中学生あたりだとかなりうるさいこともあるので注意したりイライラすることも多々(笑)

偵察任務がなくても半日以上は拘束されるので、「午前/午後だけ働きたい」といった希望の人には向かないバイトですね。ガッツリ働きたいって人は、毎週のようにできるバイトではないですが、かなり楽だしオススメしたい日払いバイトです!

2012年9月17日|

カテゴリー:日払いバイト体験記

関連記事

人気記事ランキング